特別栽培農産物である「さつまいも」の「なるとの金太郎(なると金時)」の生産農家である徳島県鳴門市の木内農園のホームページです。環境に優しく、安全性の高く、そして最高においしい農産物を生産しています。

木内農園のこだわり

  • HOME »
  • 木内農園のこだわり

木内農園logo

木内農園では品質が優れ、味のよい、安全性を重視して、「なると金時」を栽培しております。

有機燐太郎(バッドグアノ) アグロ加里30 捕虫器 捕虫器の設置

  • 木内農園では、種苗会社の協力を得まして鳴門金時の原種の中から色・形・味・貯蔵性の優れた物を選抜しました。私ども独自のオリジナルで色鮮やかなルビー色をしたサツマイモです。ミネラルが豊富に含んだ海砂栽培です。
  • 木内農園では、色々な捕虫器を設置予察し、いかに少なくするかを模索しながら必要最小限を守り、天敵と言われる小動物に影響が少ない農薬を最低限使用しています。
  • 木内農園では、良質有機を多く使って美味しい芋が出来るよう頑張っています。良質有機肥料として、コップン・米・ぬか・油かす・魚粉等を使用しております。写真の有機燐太郎(フィリピン産のバットグアノ)やアグロ加里30(天然有機加里・苦土肥料)を活用しています。

木内農園のなるとの金太郎(なると金時)は、特別栽培農産物です!

特別栽培農産物のほ場にて

  • 木内農園のなるとの金太郎(なると金時)は、農林水産省の特別栽培農産物に関しての新ガイドラインに基づいた栽培が行われています。
  • 特別栽培農産物は、生産の原則に基づくとともに、次の二つの要件を双方満たす栽培方法により生産された農産物をいいます。
  • 生産過程等における化学合成農薬の使用回数が当該農産物の栽培地が属する地域の周作期において従来から慣行的に行われている使用回数の5割以下である事。
  • 生産過程等において使用される化学肥料の窒素成分量が当該農産物の栽培地が属する地域の周作期において従来から慣行に使用される化学肥料の窒素成分量の5割以下である事。

木内農園は徳島県より「エコファーマー」の認定を受けています。

徳島県エコファーマーマーク

  • 「エコファーマー」とは、土づくりと化学肥料・化学農薬の使用の低減を一体的に行う「環境にやさしい農業」の実践者の愛称です。
  • 徳島県エコファーマー認定者(累計数)は1,526名(平成22年6月現在)で、その一翼を木内農園が担っています。
  • <<県知事認定:第544号(木内良太郎・ふさ子)>>
  • 徳島県の「エコファーマー」については、徳島県の「エコファーマー制度について」のWebサイトをご覧ください。

とくしま安(あんあん)農産物

認定書pppとくしまあんあん農産物認証マーク

  •  徳島県では、農産物の生産・品質管理体制を、県が認定・登録し、登録情報を公開しています。認定された体制で生産された農産物に認証マークを表示することによって、商品情報の入手先を消費者に伝え、商品を介して相互理解を深めようというものです。
  •  この制度では、農産物の安全性の確保に加え、良好な環境保全や生産者の安全にも配慮した生産・品質管理体制(農場)を検査し、認定します。木内農園は、この「とくしまあんあん農産物」の認定を受けています。

お気軽にお問い合わせください! TEL 088-686-4307 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

徳島ネットマルシェ


木内農園で生産している各種「さつま芋」のオンラインショッピングが「徳島ネットマルシェ」で利用できます。

徳島

ANAショッピングサイト


木内農園の「なるとの金太郎」がオンラインショップとして利用できます。


なるとの金太郎


木内農園の「なるとの金太郎と2色の芋」がオンラインショップとして利用できます。


なるとの金太郎と2色の芋

木内農園ブログ(アメーバー)

日本の森と水と空気を守る


EVIとはカルビー株式会社カルネコ事業部が運営する環境貢献を目的とした「日本の森と水と空気を守る」プラットフォーム 「Eco Value interchange」の略称です。



この中の、環境貢献最新事例に木内農園が乗っています。


環境農品認定マークは、地球環境に対する負荷を軽減する農法、製品及びそれらを用いて生産された農産物に添付して使用することができます。


  • twitter
PAGETOP
Copyright © 木内農園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.